menu

カンタンWEB予約|TEL:03−5410−3408

電話不要!カンタンWEB予約はこちら
メニューはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら03-5410-3408

今回は夏に向けた新メニューの紹介です。

今回紹介するのは
『丸ごとトマトの水キムチ』です。

まずトマトの薬膳的効能から説明します。

帰経(ききょう)・・・どの臓器に作用するか
肝・・・体の解毒やストレスに関係する臓器
脾・・・胃腸などの消化器系や、体の水分代謝に関係する臓器

五味(ごみ)・・・食材が持つ五つ味(酸、苦、甘、辛、塩味)とその特性
酸味・・・肝機能の働きを助け、唾液の分泌を促し、汗を鎮めたり、疲労回復、下痢などの改善にも役立つ。

甘味・・・胃腸などの消化器の働きを助け、食欲増進や痛みを和らげたりする作用があります。

トマトの持つ効能
補陰(ほいん)・・・体に潤いを与える
解暑(げしょ)・・・体の暑さを取り除く
健胃(けんい)・・・胃の働きを正常にする
止渇(しかつ)・・・喉の渇きを抑える
以上がトマトの薬膳的効能です。

上記を夏の視点でまとめると

夏の暑さで上がった体温を冷やし、
胃腸などの消化器系の働きを助け
夏に落ちがちな食欲を戻し、
また汗で失われた水分やミネラルを補給し
喉の渇き沈める。

やはりトマトは夏野菜だけあって
夏に食べるべき食材というのがよくわかりますね!

次に水キムチの紹介と効能について

水キムチはとは、水に塩、米のとぎ汁、ニンニク、野菜などを入れ
発酵させたものになります。

通常のキムチとは違い、写真の通り水分が多く
唐辛子も使っていないので、
キムチと書いてありますが、辛さはありません。

そんな水キムチの特質すべきは
発酵したスープにあります。

水キムチのスープの乳酸菌の量は
他の発酵食品と比べて突出しており

日本の代表する食材、ぬか漬けと比較すると
ぬか漬け1600万個の乳酸菌に対して

水キムチは、なんと3億個も乳酸菌が含まれています。笑

ぬか漬けの約18倍もの乳酸菌が含まれている計算になります。

なので水キムチを食べると、大量の乳酸菌の働きにより、
腸内が活性化し、便秘解消や美肌の効果が得られます。

さらにつけてある野菜
今回であればトマトの効果も得られるので

一つで二度オイシイ料理になりますね♩

とうことで夏の体調管理には
このトマトの水キムチがオススメますので

ぜひ雑草家に食べにいらしてください!

薬膳コンシェルジュ 内村 宗宏